映画一覧

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』Amazon Prime

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

有名なニューヨーク公共図書館の内側と外側を追ったフレデリック・ワイズマン監督作のドキュメンタリー。

同監督の『ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ』でもそうだったが、この映画でも一切のキャプションとナレーションを廃して、淡々と出来事と人々の会話をつなげるという構成。それで3時間25分を飽きさせない。

 

図書館とは言っても合計92施設、職員3,500人、50%が市からの補助、50%が一般からの寄付による予算によって運営されるこの施設の活動は多岐に渡っている。

収蔵資料の利用講座はもちろん、作家・アーティストのトーク、研究者講演会、読書会、コンサート。ゲストスピーカーにはエルビス・コステロやパティ・スミスもいた。その他にも詩人や作家、研究者らしいのがいたが私の知らない人だった。

また、多言語によるPC教室、高齢者のダンス教室、児童向けのロボットプログラミング講座から、就職フェア、アート展覧会もある。

さらには障害者向け福祉制度の案内、視覚障害者向け点字講座の様子もあった。

特筆すべきは通信会社と交渉し、同図書館の一般貸し出し用としてWiFiルーターを製品化しているなどの活動は、私の考える図書館職員の技能の粋を超えている。

 

舞台芸術図書館の舞台手話通訳教室の説明会の様子があった。ここでは手話通訳者がジェファーソンの独立宣言を使ってデモンストレーション。「あなたは怒りを持ってこれを読んでください。もうひとりのあなたは懇願口調で」と朗読させ、それぞれの様子を交えて手話通訳する。

このエキスパートのテクニックもすごいが、こうしたプロの技術を伝える講座を図書館が主催しているのだ。彼らの芸術と福祉への意識の高さが垣間見えるカットだった。

 

キャプションがないので名前は不明だが、ある作家(研究者?)によるトークが興味深かった。中世のアフリカ・モスリムの宗教者と国王の対立が、ひいては米国の奴隷開放運動の素地になったとする主張だ。

知識人であったアフリカ・モスリムの僧侶たちが国王との対立で奴隷となり米国に売られた。そして米国に奴隷として渡った彼らが、奴隷制度は間違っているというモスリムの知識を広めたのだ。それは南北戦争よりはるか以前のことだったという。

内容はもちろん興味深いのだが、こうした知識が公共の図書館という場所でフリーアクセスになっていること自体が素晴らしい。

 

また、別の連続講座の講師は若い有色人種の女性。テーマは米国建国当時の労働者問題と奴隷制度について。マルクスを引用し「そもそも米国に労働者問題は存在しません。それは奴隷制度があるからです。黒人奴隷がいるかぎり権利をふりかざす労働者は置き換え可能なのです」と語る。

きわめて刺激的な議論が自由に、かつ手際よく行われている。参加者は学生らしい者もいるが高齢者も多い。みな熱心にメモを取りながら聞いている。これも図書館が主催している知へのオープンアクセスなのだ。

 

また、たぶんハーレムあたりのごく小さな分館でのコミュニティトークの様子があった。ごく小さな部屋に普通の市民が集って、何を語るかと言えば生活の苦労などについてざっくばらんに。しかも、そのローカルトークには図書館の上級役員が参加しているのだ。

私も何度も経験しているが、こんなとき日本ではひな壇を用意してそこに行政の担当者を据えるか、会議机をロの字型に設置して、どちらもかしこまって話をするというのが多いのだが、このカットでは本当に狭い部屋にまさに膝を突き合わせてという状態なのだ。

参加者のひとりが言う。

「マグロウヒルは本当にひどい」
「それはどういうこと、もう少し説明して」
「マグロウヒルの教科書では、黒人奴隷は17世紀によりよい生活を求めてアメリカに渡ってきた『労働者』であると書いてある。それは間違いであると指摘されるとしぶしぶ対応するが、そうでないと放置だ」

こうした議論にその上級役員が同意しつつ真摯に自分の意見を述べる。それはコミュニティトークのあるべき形で、私にはちょっとした感動であった。

 

その他に館内の役員ミーティングの議論が何度も淡々と撮影されている。ミーティングのテーマは成果、予算、蔵書の方向(ベストセラーか研究書籍か)、電子書籍について、行政へのアピールについてなど多岐に渡っている。

この役員たちを見て思うのは、みな行政のプロだということだ。

カーネギーの意思である「知のアクセスを可能な限り広く一般に」というミッションに基づき、どう予算を獲得し、どう効果的に執行するのかということを熟知している。それはビジネスマインドと社会的ミッションの幸福な結びつきであると思う。

 

ということでこの巨大図書館の活動には圧倒されることが多いのだが、一方で「図書館がこんなに何でも手がけるのは行政サービスとして適切なのだろうか」という疑問も浮かぶ。

 

自分の住んでいる地域だったらどうだろう。

上記にあるような活動は、区役所の広報誌あるいは区のスポーツ文化事業担当外郭団体の広報誌に案内がある。区で活動する団体はこれに自分のイベントを掲載し、イベントに参加する者はその外郭団体かあるいは団体に直接申し込みすることになる。

アーティスト・トークは区の市民団体の主催で市から助成や後援を受けて文化センターで行うのだろう。障害者支援は区の福祉施設で、就職フェアは民間企業・団体の活動に区の事業課が協賛するのだろう。子ども向け講座はNPOが地域センターで主催し、それを市民活動課が後援する。

 

いずれにしても縦割りである。これまで疑問を感じたことはなかったが、文化支援活動と障害者福祉と児童福祉、ビジネス振興を別個に行うことは本当に適切なのかという疑問がこの映画を見て生じた。

 

決してニューヨーク市のやり方がベストであるとは言わない。

一方で集中することによる危うさも思い浮かぶ。常にオルタナティブについて考える必要はあるのだろう。また、もしかするとニューヨーク市ではそれぞれの分野の活動もそれなりの規模で行われているのかもしれない。

しかし、上記の活動が「知のアクセスを可能な限り広く一般に」というひとつのミッションに基づいてサービスを展開しているという点は高く評価できる。

いずれにしても本作は行政サービスのあり方を考える上で貴重な資料となるドキュメンタリーであると思う。

『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』予告編

映画『日常対話』

映画『日常対話』

自分が母に愛されていないのではという不安から逃れられない娘。そのことを話し合うために彼女は映画を作ることにした。そういうドキュメンタリー映画。台湾から。

アヒルの子」「ぼけますから、よろしくお願いします。」など、娘がカメラを家族内に持ち込んで作る作品は今日ではドキュメンタリー映画のジャンルとなっている。

この映画でもレズビアン、ギャンブル好き、娘に無関心な母、その母へ複雑な感情を持ちながらも愛を求める娘、それぞれの内面の葛藤が見事に浮かび上がっている。

なぜレズビアンなのに子どもを産むことになったのか。なぜ娘である私を他人には養子と言っているのか。そして、娘と父の「関係」を知っていたのか、知らなかったのか。

母娘の関係でありながら話し合われることのなかった事が、カメラの前でつぶやくように初めて言葉にされる。

そうしたこの映画のテーマはもちろん素晴らしいが、映像がまた素晴らしい。侯孝賢が製作総指揮とあり、圧倒の映像美である。思えば「台湾、街かどの人形劇」も父子関係の葛藤を美しい映像で描いた作品だった。

母と娘の対話シーンでは照明は自然光か限りなくそれに模したもの。そして、クリアで自然な映像のカメラが母のアップ、娘のアップ、ふたりのロングで切り替えされる。音声も劇映画のようなクリアな録音で音楽もかなり控えめ。

これは技術も時間もかけているプロの仕事だ。手持ちカメラで勢いだけで作っている日本のドキュメンタリー映画とはかなり違う。

それに出演者の覚悟も大したものである。ドキュメンタリーだからもちろん一般人が自分についてしゃべるのだが、そうした準備の整った撮影現場でスタッフに囲まれても堂々としている。語ることは自分の過去や家族の不幸な出来事についてなのに。

そうした母のかたくなな態度、そして娘の固い意思は、まるでスクリーンのこちら側にいる(映画を観る)者と対峙するかのようだった。こうした表情は日本の家族ドキュメンタリーにはまず見られないのではないか。

アヒルの子」では映画公開についての家族の同意を得るために6年間かかったらしいが、この映画では双方納得してカメラの前に立っているように思う。

ところで、母がレズビアンであることを母の弟や親戚に聞くシーンがある。いずれも「知らない」「話したくない」と席を立つのだが、当時は同性愛が許されなかった時代であったことをうかがわせる。

同性婚自由化が法制化した今日の台湾だが、わずか40年前にもそうした時代があったのだ。私はこの急激な変化に「ダイバーシティを維持する」という台湾社会の強い意志を感じるのだ。

どうして台湾にはそれができて日本ではできないのか。それを考えなくてはならないと思った。

台湾で同性婚が可能になった初年である昨年の同性婚の件数が2939組に上ったことが明らかになりました。内政部(内務省)が(2020年)2月22日、最新の統計を発表したものです。性別の内訳は、男性カップルが928組で、女性カップルが2011組(約68.4%)となりました。
(中略)
全体の婚姻件数は13万4524組で、同性婚が占める割合は約2.2%ですが、同性婚法が施行された5月24日以降(約7ヶ月間)で2939組ですから、決して少なくない数と言えるのではないでしょうか。

(PRIDE JAPANコラムより)https://www.outjapan.co.jp/pride_japan/news/2020/2/26.html

映画『日常対話』予告編

映画『幸福路のチー』Netflix

映画『幸福路のチー』Netflix

台湾の現代女性の生い立ちを描いたアニメ作品。映像のイマジネーションや音声、声優などアニメとしてのクオリティは高いが、それ以上にこの映画に描かれる台湾人の個人史が胸を打つ。若い監督による優れた作品。台湾に興味を持つ者には必見の映画ではないか。

まだ地方都市然とした台北に生まれ、蒋介石像のある小学校で過ごした少女時代。父は北京語を嫌う内省人であり、母のアイドルは陳水扁。そして祖母はアミ族。やがて政治自由化の空気の中で高校大学と過ごし、あの921震災も描かれる。

しかし、映画の中心にあるのは大きな歴史ではなく、その時代を生きたひとりの女性、そしてその人生の選択である。台湾の現代史とはまさに激動であった。それを生きた人々の人生もまた興味深いのは当然である。

ところでこの作品、序盤の会話は台湾語中心らしい。時代が経るにつれ北京語でのやりとりが増えていくという。映画が多言語による構成であること。それが自然であることが台湾社会の多様性を象徴しているように私は感じた。

映画『幸福路のチー』予告編

映画「ボーダー 二つの世界」Amazon Prime

映画「ボーダー 二つの世界」Amazon Prime

人の感情を嗅ぎ分ける能力を持った税関検査官の女が実は人類ではなかったというストーリー。

スウェーデンの映画は日本人が思う洋画とは違う肌触りがある。ちょっと変わってて面白い。西欧にありながらもキリスト教文化とは距離があるからか。

人類ではない生物の生理をわかりやすく擬人化せず、「感情移入も一体化もできない」と異質なものとして感覚させるこの映画の文法が好ましかった。

それが「残酷」とか「愛情のある」とかはどちらでもいい。いままでいかに多くの映画や小説やアニメで「人間みたいな」動物とか異星人とか悪魔とか神様を見させられてきたことか。

そういった存在は人間に理解できる生態や生理である方が稀なことで、そうじゃない方が多いと考える方が合理的だろう。この映画はその点で覚醒させられる作品だった。

先日、カナダで原住民族の寄宿舎学校で多数の死体が発見されたとのニュースがあった。また「サーミの血」という原住民族への偏見を扱ったスウェーデン映画もあった。

スウェーデンでは原住民族との関わりを意識することがより一般的なのだろう。この映画からは理解して自分の文化に一体化するのではなく、理解できないものはそのままで尊重するべきという意思が感じられる。

だから異民族との関わりにおいて認識するべきことは「境界線(ボーダー)」であって「共感」ではない、というのがこの映画のタイトルの意味なのだろう。

映画『ボーダー 二つの世界』予告編|10/11(金)公開

映画「ラプソディ オブ colors」

映画「ラプソディ オブ colors」

東京蒲田にあった障害者とその支援者の居場所「colors」に集まる人々を追ったドキュメンタリー作品。しかし、この映画は障害者が主役ではなく障害者を支援する大人たちが主役。社会問題や障害者本人に迫るところがなくちょっとがっかり。

また、ここでもカメラを持った監督が対象にあれこれと突っ込んだことを聞いており、最近のドキュメンタリーってこんなの多いなと思った。

子どもたちの事情をきっかけに大人たちが集まって何かをするというのは私の周りでは普通にあった。なので他人の騒ぎを劇場で見せられているようでやや辟易した。

ドキュメンタリー映画【ラプソディ オブ colors】(2020年・佐藤隆之監督) 公式予告篇

映画「ハンディキャップ・キャンプ: 障がい者運動の夜明け」Netflix

映画「ハンディキャップ・キャンプ: 障がい者運動の夜明け」Netflix

ジェネド・キャンプは1950年代から70年代にかけてニューヨーク州にあった障害者のためのキャンプ。時代がそうだったのでそこでの日々は、ロック、ピース、フリーダム、そして希望に溢れていたものだった。

しかし、障害者の日常はやはり差別と沈鬱さにまみれていた。有名な障害児施設、ニューヨーク州ウィローブルック州立学校では50人の知的障害児に1名の看護人しかいない状態だったことにも触れている。米国であっても当時の障害者の状況はそれから推して知るべしである。

だからこそ健常者の若者たちと過ごすキャンプの日々はより輝いていたのだろう。参加者の中には「ヒッピーと大麻が吸えるらしいので参加してみた」と語るものもいた。

しかし、ジェネド・キャンプでの体験は、障害者たちにとってのひと夏の良い体験にとどまるものではなかった。

それまで行政の視野外であった障害者の権利について定めた連邦法504号が、公民権運動の高まりとともに可決されたのが1971年。しかし、その具体的施行が予算を理由に実施されない日々が続いた。

これに反発した障害者団体が具体的な行動を開始した。マンハッタンでの交通ブロック、ワシントンDCでのデモ、そしてバークリーでの保健教育福祉省ビルの占拠。そしてこれらの活動の中心にあのジェネド・キャンプの参加者であるジュディス・ヒューマンがいたのだ。

自立生活センター(CIL)など、その運動の土壌となったバークリーでの障害者支援活動の様子も生き生きと描かれる。また、ブラックパンサーなど暴力的な活動のイメージが強い団体が障害者の支援に奔走する様子が見られるのは興味深い。

というように、この映画はキャンプでの生き生きとした障害者たちと支援者たちの様子を前半に、彼らによる運動が社会を動かしていく様子を後半に描く。米国の障害者の自立はこうして育まれてきたのかと目の当たりにできる優れたドキュメンタリー映画である。

日本の障害者の運動については「介護者たちは、どう生きていくのか(渡邊琢)」に詳しい。

CRIP CAMP: A DISABILITY REVOLUTION | Official Trailer | Netflix | Documentary | Audio Description

『パターソン』Amazon prime

『パターソン』Amazon prime

ジム・ジャームッシュ円熟の最新作。

詩人の街、ニュージャージー州パターソンで詩を書くバス運転手のパターソンをはじめ、悪い人がひとりも出てこない。みんないい人ばかり。

妻役のゴルシフテ・ファラハニがとてつもなく愛らしい。あと、ミステリートレイン以来の永瀬正敏も出てる。

作中の詩はロン・パジェットという詩人の作品。言葉がじっくりと表示されてこれも楽しめる。

また、ウィリアム・カーロス・ウィリアムズやアレン・ギンズバーグの出身地であるパターソン市がなんでもなく美しい街。最近では米国の地方都市はいい印象がないがここには行ってみたくなった。

Paterson Official Trailer 1 (2016) – Adam Driver Movie

『Mank/マンク』Netflix

『Mank/マンク』Netflix

1940年代の脚本家ハーマン・マンキウィッツを主人公に、彼が「市民ケーン」の脚本に取り組んだ時期を描いた映画。デビッド・フィンチャー監督だから時間軸が行ったり来たり、感情表現も分かるような分からないような。ハリウッド黄金期の内幕ものでモノクロの画面が豪華。そういえばオールタイム・ベストと言われる「市民ケーン」をまだ見ていないことに気づいた。今度あらためて見てみよう。

MANK | Official Trailer | Netflix

映画『希望のかなた』Amazon Prime

映画『希望のかなた』Amazon Prime

フィンランド・ヘルシンキへ流れ着いたシリア難民が、官僚的な制度によって強制帰国の危機に陥る。しかし現地市民の手助けによって生活の糧を得てゆく。そして離れ離れだった妹を救うという話。

出てくるのはいい人ばっかり。それがみんな社会制度や国を信用してなくて、信じているのは同じ人間同士であるという痛快で心温まる映画。

それにしてもストリートミュージシャンの音楽がすべて素晴らしい。また、レストランオーナーの乗るクラッシックカーもいい。

構図が隙間だらけのカメラも、セリフが少ないのに必要なことは伝えている演出も素晴らしい。アキ・カウリスマキ監督の映画に外れはない。

アキ・カウリスマキ最新作『希望のかなた』予告編

映画『君の心に刻んだ名前』Netflix

映画『君の心に刻んだ名前』Netflix

戒厳令が解除された時期の台湾を舞台に高校生のゲイカップルの愛と苦悩の日々、そしてそれからの30年間の人生を描いた映画。

ゲイは今でこそBLというカテゴリーとして消費する素材だが、80年代の息苦しい時代背景ではカミングアウトは生きるか死ぬかの問題。この映画は今どきの軽妙なBLというよりも、隠し通したゲイの苦々しい人生の物語であるブロークバックマウンテンを思い出させる。

こうした本気の恋愛ドラマはもはや現代の男女では作れないのだろう。息苦しい時代のゲイカップルでしかドラマにならない。

また、シャツの胸にある名前と番号の刺繍、軍隊から派遣された指導官など、戒厳令解除直後の高校生の生活もつぶさに表現していて佳作。

それにしても主役のきれいな男の子たちもそうだが、脚本、演出、美術など台湾映画界の層の厚さを思い知らされる。最後のシーンはモントリオールだろうか、ロケからセットに切り替わって少年たちが夜の街でふざけあうところは本当に映画を見る喜び、作る喜びを分かっている者たちの仕事だった。

監督インタビューもあった。

台湾版『ブエノスアイレス』に込めた、LGBTQが認められるまでの歴史。 『君の心に刻んだ名前』リウ・クァンフイ監督インタビューhttps://youtu.be/mzfVBg54BGw

Your Name Engraved Herein | Official Trailer | Netflix