映画一覧

映画「9月11日」@ポレポレ東中野

映画「9月11日」@ポレポレ東中野

日本各地で老人介護に従事する20代から30代の若者たちによるトークイベントのドキュメンタリー。

映画はイベントの様子とそれぞれの施設の日常を交互にテンポよく映し出す。このイベントは今年の9月11日のことで、映画となって上映されたのが12月。そのスピード感にも驚く。

人生の終わり近くになった老人たちを介護するという日々を過ごす若者たち。彼らが何を語るのか興味があって観に行ったが、衝撃的だった。
これまでの日本人が持っている人生観や社会観を覆すようなディスカッションだった。

そして、それがアフガニスタンやアフリカではなく、私たちの日常のすぐ隣りで今この瞬間にも進行しているということに目を覚まされた。それが視界に入っていながらも見過ごしていたことにも。

「もはや、より勉強し、より働き、よりたくさん稼ぎ、そうすればよりよい人生を送れるという考え方が、臨界を過ぎてしまっていると思う」

評論家が言いそうなセリフだが、これが老人介護の現場から、しかも20代から30代の若者の声であることでとてつもない深みを帯びる。

「だから、ただ生きてればいいやん、と思う」

私たちの社会は進歩を前提としている。昨日できたことを今日はもっとうまくやろう。今日の課題は明日には解決しよう。そうして私たちは日々を過している。しかし、老人の日々により良い未来は大きな意味をなさないのかもしれない。

だから、ただより長く生きるための医療技術の向上よりも、より活動的に過ごすための活性化プログラムよりも、施設のよりよい運営や介護のノウハウ向上よりも、ただよりそって、彼らが行くところにどこまでも付いて行ってあげることがより大事なのだろうと思った。

こうした体験に裏打ちされた考えを、いわゆるロスジェネ世代で、介護ビジネスにたどりついた若者が語ることは無視できない。

そして彼らが自らのことを語る言葉を手に入れたことも重要だと思う。それは実績のみで語ることが尊重された時代から、途中経過であっても発信し、つながりを求めていく社会システムへの萌芽である。

これらは今日の経済発展を前提とした社会システムの行き詰まりを考える上での重要な視点だと思う。だからこそ「これからの100年の話をしよう」というサブタイトルに納得する。

私はこの映画を介護業界の話題としてではなく、就職に悩む若者や生き方に疑問を持つ若者たちに観てほしい。そして、今日の社会にありかたに疑問を持ってほしいと思う。


映画「シングルマン」

映画「シングルマン」

1960年代のLA。16年間連れ添ったゲイのカップルは死によってその関係を終える。そして残された者の終わり近い一日を描いた映画。

1960年代。
エイズ以前、
インターネット、携帯電話以前のアメリカ。

開放的な木造住宅。
シンプルなインテリア。
ツーシーターのベンツ。
きりっとしたシャツとスーツ。

「今日の君はすばらしいよ」
「ありがとうございます」という会話。

リカーショップの駐車場に並ぶ大型車たち。
そしてLAの夕焼け空。

遠い夢のような洗練されたスタイルがそこにある。

そのスタイルを、ファッションデザイナーでもあるトム・フォード監督は喪失した愛の物語を前景に心ゆくまで描ききる。私はむしろ、人間ドラマが背景にあり、スタイリッシュなセットや小物が前景にあるかのように感じた。

ゲイカップルのドラマであれば「ブロークバック・マウンテン」が思い出される。こちらは迫害さえありえた時代の禁断の愛を雄大な大自然を背景に描き、周囲の人々をも巻き込んだ重厚な人間ドラマだった。これに比べるとこちらはドラマとしてやや深みに欠ける。

唯一、時間の重みと故郷喪失の哀しみを担ったジュリアン・ムーアが、人間を前景に巻き戻すことに成功している。ほんの数分間だったが存在感があった。

しかし、この映画はむしろアメリカの失われた洗練とスタイルの時代を、哀しみをたたえた人間ドラマのたゆたう流れに浮かびつつ愉しむものではなかろうか。

アベル・コルゼニオフスキーと梅林茂の音楽が全編をセンチメンタルの湿度で満たしている。その音楽と映像に身も心も委ねて、失われた時代を回顧するという快楽を愉しむのがこの映画の正しい見方なのかもしれない。

ドラマとしては内容が薄くても、この映画はそれをはるかに超えた価値を持っている。


映画「ANPO」@渋谷アップリンク

映画「ANPO」@渋谷アップリンク

日本育ちのアメリカ人女性(リンダ・ホーグランド)による、日本人アーティストと60年安保の時代についてのドキュメンタリー映画。

朝倉摂、池田龍雄、石内都、東松照明、中村宏などその時代まっただなかのアーティスト。半藤一利、保坂正康、ティム・ワーナーなどの評論家やジャーナリスト。山城知佳子など生まれる前だが現在活動真っ最中のアーティストがその記憶や思いをそれぞれの作品を背景に語る。

60年安保については多くの評論や小説があり、自国の歴史としてそうしたものを読んできた立場からすると、この監督の見方は単純で深みに欠ける。この監督の見立てでは、あの事件は大きな広がりをもった国民運動であり、その後はその反動としての国民的挫折と失望だったという構図であるようだ。

しかし、その後の経済の高度成長の裏側で進行していた陰惨な事件(赤軍リンチ事件やあさま山荘事件など)の記憶から、私はすっきりとした見方ができない。

というように、日本人からするとこの時代についての映画は今さら感があるのでは?しかし、あらためてアーティストたちを中心に据えてのまとまったドキュメンタリーとしては見ごたえがある。
それぞれのアーティストが語るあの時代についての言葉は深みがあり、あらためてあの時代と現代につながるその後について再考させられた。

私にとって初めて聞く作家たち、石井茂雄や市村司、山下菊二などが残した作品から、あの激動の時代の気分がシュールレアリズムや前衛という表現手段を得、そして時代の徒花のように妖しく花開き、それが作家の命を吸い取ったのかとも思った。それは池田龍雄のシュールなモチーフや中村宏の妖しい人物にも息づいている。

インタビューの中で最も忘れられなかったのが沖縄の写真家・石川真生の言葉。「アメリカは大嫌い。でもそれを許している日本も嫌い。同じようにそれを認めている沖縄も大嫌い」

深く倒錯した憎しみと愛情の表出だった。こんなに深く乱れた感情を戦後から今日まで沖縄の人々に押し付けて見ていないふりをしているということを、本土の人間は先ず知らなければならないと思った。この乱れた感情は日本全土で共有しなければならないのではないか。

嬉野京子の有名な写真、アメリカ軍のトラックがひき殺した幼女の体を足元に立ちはだかる米兵たちの姿。東松照明の長崎被爆者のケロイドの顔の写真。
定期的に繰り返し、巡礼のように見なければならないアート作品というものがこの世にはある。


映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」

映画「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」

アムステルダム国立美術館のリニューアルについてのドキュメンタリー映画。2004年に計画がスタートしたのだが、予定を大幅に遅れて2010年の今日に至ってもまだオープンしていない。

計画が難航した最初の理由は中央通路。以前から自転車専用道路として市民に活用されていたのだが、建築家のプランではこれを縮小することに。この計画が発表されると地元のサイクリスト団体が猛反対。公聴会でも市民参加の検討委員会でもこの団体が反対運動を展開し、計画は見直しへ。

一般コンペを通った国立美術館の計画をくつがえすほど、市民団体に影響力があるとは驚き。行政に取り込まれがちの日本の市民協働活動では考えられない。

それが落着したと思ったら次に浮上してきたのが隣接する情報センターの外観問題。周囲の建物と比べて高すぎるなどの理由でどんどん低くなる、小さくなる。当然、建築家のモチベーションは落ちる。

そんなトラブルはそれ以後も続く。それはほんとに序の口と言ってもいいくらい。誰もが、あーあ、と思いながら映画は続いていきます。

さて、リニューアルの間、美術館の職員は何をしていたかというと、展示スペースの計画をシミュレーションしたり、新たな目玉展示物の収集をしたり。しかし、これもどんどん延びるオープンに気分が停滞しがち。

実際、収蔵品が倉庫にあって、簡単に手をつけられない状態では仕事もないでしょう。だから、こんなときは収蔵品の貸し出しを積極的にするとか、巡回展でもすればいいのにと思いますがどうなんでしょう。

そんな時期の職員の活動で気持よかったのが、ある大作の修復。大きな刷毛で巨大なキャンバスに薬品を塗りまくると、くすんでいた表面にみるみるつやが出ていく。担当者が「興奮するわ」とか言いながら気分よくやっていたのが印象的。

先日観た「パリ・ルーヴル美術館の秘密」とは違って、こちらは出てくる人がすべて饒舌。館長も建築家も担当の役人も遠慮無くぶちまけています。

ただし、市民団体の発言は少なく、せいぜい公聴会かプレス発表という公の場のみ。そんなところから監督が美術館と行政の側に立って映画を作っていることがうかがえます。
その方が登場人物のキャラクターが明確になり、映画としては楽しいものになっているが、ドキュメンタリーとしての立ち位置は気になった。

美術館の裏側が分かるこんな映画はアートファンにはたまらないはず。しかし、映画の高みとしてはルーブルの方がはるかに上に行っていると思う。


映画『 パリ・ルーヴル美術館の秘密』

Amazon.co.jp | パリ・ルーヴル美術館の秘密 [DVD] DVD・ブルーレイ – ドキュメンタリー映画


映画「アヒルの子」@ポレポレ東中野

映画「アヒルの子」@ポレポレ東中野

作家のしんぞうさんのブログで紹介されてて、がぜん見たくなったドキュメンタリー映画。

監督の小野さやかは映画製作時は若干20歳。幼年時にヤマギシ会幼年部にあずけられたことを両親に捨てられたと感じており、そのことで成長した今日まで家族の中で自分を押し殺して生きてきた。そしてドキュメンタリー映画を作ることで家族の一人ひとり、そして自分の過去に向きあうことにした。

家族を壊したい。その思いにまで至った彼女は家族一人ひとりをカメラの前に引きずり出して過去をえぐる。そしてヤマギシ会幼年部の行いについてその担当者にも迫る。厳しくもむごい行いだが、それによってそうしなければ救われない彼女の現在が実感を伴って浮かび上がってくる。

彼女の語る過去、家族の語る過去、関係者の語る過去、いずれも感情的であいまいではある。しかし、カメラの前の姿は真実だとするドキュメンタリー作家のあるべき態度がそこにあった。

辛い過去があっても、それを忘れて前向きに生きるのもひとつのやり方です。しかし、徹底してその過去にこだわり、明らかにせずにはおかないというのも、やっぱりひとつのやり方なのです。その激しい痛みを伴うやり方を、若い女性が選ぶというのも現代という時代なのでしょう。そして、それは決して否定すべきことじゃない。映画を見てそう思った。

映画の中ではとても怖かった彼女ですが、上映後のトークショーではすっかり可愛い女性になっていました。それにしても制作してから関係者の説得で上映にいたるまで6年間かかったとのこと。その6年間に心からおつかれさまと帰り際に声をかけた。


映画「桃色のジャンヌ・ダルク」@ユーロスペース

映画「桃色のジャンヌ・ダルク」@ユーロスペース

主演女優にイベントに関わってもらった関係でチケットを入手。六本木アートナイトでの徹夜を控えた夜、渋谷のユーロスペースで初日挨拶および初上映を見た。満席で通路に座布団だった。

過激なパフォーマンスがウリの女性の痛々しいドキュメンタリーかと思ったら、意外とすかっと突き抜けた爽やかなあと味の快作。増山氏はアーティスト、反戦活動家、反原発活動家であり、2児の母親、いくつかの恋愛を経た普通の女性。ピンクのへそ出しルックでどこにでも行って声高に主張する(母乳も飛ばす)。

はっきり言って主張の内容は退屈。でも、パフォーマンスアートとしては突き抜けた爽快感がある。その爽快感がどこから来ているかというと、たぶん、周りの人々が彼女と一緒にノリノリで活動しているからじゃないだろうか。好きなことをしている人に、好きなように関わって活動している。受身パフォーマンスの佐々木裕司がまた素晴らしい。そんなコミュニティがまだあることがうれしくなった。


眠い!「いま ここにある風景」

眠い!「いま ここにある風景」

ドキュメンタリー映画が好きで、それなりに耐性はあるはずなんだが、この映画は眠かった。挑戦されているのかと思い、がんばったが瞬間的に意識がなくなる時があった。

エドワード・バーティンスキーという写真家は、鉱山開発などの産業よって変貌を余儀なくされた風景を取り続けている。この映画は、彼の中国の産業風景をテーマにした写真集「Manufactured Landscape CHINA」撮影のドキュメンタリーである。

写真そのものを見て興味津々、どんな風景が展開するんだろうと思って観にいった。
しかし、知っておくべきだったのは、この映画は「エドワード・バーティンスキーの映画」ではなく、「エドワード・バーティンスキーの撮影を追っかけた映画」だったということ。

オープニングの長廻し以外は多分ビデオで撮ったのだろうけど、とにかく映像の画質が悪い。同じビデオ撮りドキュメンタリーでもマイケル・ムーアは全然気にならないのに。

しかも音楽がアルファ波の発生を促進するような環境音楽。
低画質の情報量が少ない映像と環境音楽ですよ。いつまで目を開けていられるか挑戦されているのかと思いましたよ。

まあ、映画このとはともかく、バーティンスキーの言葉にはうなずけるところが多い。

「自然破壊だと訴えれば、人は賛成や反対をするだけ。逆に言葉にしないことで、人は見えなかった何かや違う世界を見られる」

「良いとか悪いとかの問題じゃない。全く新しい発想が必要なんだ」

「車のガスを満タンにしてプラスチックのハンドルを握って石油開発の問題映像を撮影しに行く。石油はすでに私たちの生活に密接に関わっている」

私は、日本ってかなり環境が語られている社会なんだと思います。だから、環境問題を考える時に賛成・反対から議論するだけの時期はもう過ぎたんじゃないかと思う。

もちろんきちんと科学的に、政治的にどうするのか議論して欲しいけど、それ以外の視点を持つ心の余地もあっていいと思う。そしてその「別の視点」を提供するのがアートや文学の役割なんだと思います。

確かに破壊されつくした三峡ダムの都市の風景は寒々としたものだけど、同時に戦慄するくらいの美しさもある。良いとか悪いとか言う前に、この景色を作り出した人類の営みとしての産業というものについて何かを感じるべきではないかと。

最近のドキュメンタリーと言えば「不都合な真実」「ダーウィンの悪夢」「いのちの食べかた」がヒット。私はこのうち「不都合」以外は見てる。

この中で唯一感心したのは「いのち」でした。語りなし。音楽なし。ただ事実だけを映像で表示するだけのスタイルに清冽さを感じた。これに関しても近いうちに日記に書かせていただきます。

話しは変わりますが、「いま ここにある風景」は東京都写真美術館の映像ホールで観たんです。
この劇場は初めてだったんだけど、さすがに豪華だった。そこらへんのシネマコンプレックスより椅子が良くて隣との間隔も広い。やっぱり東京都の施設は立派ですね。

アート系の映画と言えば、イメージフォーラムの狭くて硬い椅子が当たり前だったんだけど、様変わりを感じました。

あと思ったのは映画を観にいくたびに見せられる「ノーモア映画泥棒」。あれってもうちょっと真面目に本気出して作ったらどうかと思う。

暇してる映像作家にノーギャラでって言ってもいいんじゃないか。だって、全ての映画館で毎回写るんだから、露出としてはすごいことじゃないですか。

などとつらつら思いつつ帰った一日でした。