NO IMAGE

ミッシング・ピース東京展

ミッシング・ピース東京展ミッシング・ピース東京展@代官山ヒルサイドテラス宗教や仏教とは法事以外では縁のない私でも、ちょっと気になっていた展覧会。それで代官山ヒルサイドテラスへ行ってみた。数ある宗教の中で現代アートと最もマッチするのは、チベット仏教=ダライ・ラマだと認識しました。アート業界のダライ・ラマファンが集まって彼を賛美するとか、アートを使って中国に対するアジテーションをするとかのしょうもないものかと身構えて行っ...

NO IMAGE

ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情

ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情ヴィルヘルム・ハンマースホイ 静かなる詩情@国立西洋美術館今日は神様の贈り物のように気持ちのいい秋の一日でしたね。休日だったので朝いちで四谷で用事を済ませてから自転車で上野へ。国立西洋美術館のヴィルヘルム・ハンマースホイ展行ってきました。19世紀末から20世紀初頭に活躍したデンマークの画家。風景画も肖像画もあるんだけど、特に印象的で忘れられないのが彼が家族と住んだコペンハーゲ...

NO IMAGE

三溪園: 会場・アクセス | 横浜トリエンナーレ 2008

三溪園: 会場・アクセス | 横浜トリエンナーレ 2008横浜トリエンナーレ@三渓園先週、横トリボラの交流会に参加して、「三渓園だけ行ってないんですよね、呼んでくれないんですよね」とぼやいたら、たまたまその場に三景園のディレクターがいて、その場でシフトに入れてくれた。言ってみるもんだ。ということで、昨日は初の三景園ボラでした。会場が市内から離れているもので家を出たのが7時前。普通の日本庭園なんだけ...

NO IMAGE

展覧会情報現代美術への視点6 エモーショナル・ドローイング

展覧会情報現代美術への視点6 エモーショナル・ドローイング「エモーショナル・ドローイング」@近代美術館このところ毎週横浜通いだったけど、今日は完全フリー。それでチケットもらっていた「エモーショナル・ドローイング」@近代美術館行ってきました。竹橋なら問題なく自転車圏内、なので北の丸公園を横切ってオゾンを呼吸。気持ちよかった。ドローイング中心の展示なんだけどビデオあり、インスタレーションありで予想をはるかに裏切って楽しめ...

NO IMAGE

chelfitsch

chelfitschチェルフィッチュの「フリータイム」@横浜トリエンナーレ昨日は横浜トリエンナーレのボランティアで演劇の誘導員のボランティアやってきました。場所は赤レンガ倉庫会場。出し物はチェルフィッチュの「フリータイム」。仕事自体は開演2時間前に整理券を配布し、開場前に順番に並べて入場させるだけ。で、始まったら普通のお客さんとして演劇を鑑賞できるというオイシイもの。一日2回公演なので2回も見てしまった。「フリータイ...

NO IMAGE

新港ピア: 会場・アクセス | 横浜トリエンナーレ 2008

新港ピア: 会場・アクセス | 横浜トリエンナーレ 2008横浜トリエンナーレの看視ボランティア新しい美術館に行くのって期待感があって楽しいけど、同じところに何回も行く、しかも長時間いるというのもなかなかない経験です。横浜トリエンナーレのボランティア今週で5回目です。オープンの前日(12日)がプレス向け内覧会で、この日が私のボランティア初日。場所は横浜赤レンガ倉庫1号館でした。ここでは主にパフォー...

NO IMAGE

横須賀美術館

横須賀美術館横須賀美術館で夕暮れの東京湾横浜トリエンナーレのボランティアは先週からはじめてるんだけど、込み入った話になるので後ほど。今回は今日行った横須賀美術館。鎌倉で親族関係の用事が3時ごろ終わったので前から目をつけてた横須賀美術館へ。鎌倉から逗子、乗り換えて横須賀。さらに観音崎行きのバスで30分、ほぼ終点。そんなに不便なところ行く価値あるのか?と疑問があったものの到着したとたんすでに大満足。目の前海!ひろびろ。建...

NO IMAGE

アトミック・サンシャインの中へ – 「日本国平和憲法第九条下における戦後美術」

アトミック・サンシャインの中へ - 「日本国平和憲法第九条下における戦後美術」「アトミックサンシャインの中へ」@代官山ヒルサイドフォーラム照りつけるような日だったけど無謀に片道40分の自転車旅。やや交通量の少ない明治通り沿いに、時折コンビニで涼を採りつつ水分補給もしながら渋谷駅前を抜けて、並木橋交差点を右折して代官山へ。今回の目的は代官山ヒルサイドフォーラムでやっている展示会「アトミックサンシャインの中へ」。憲法第九...

NO IMAGE

眠い!「いま ここにある風景」

眠い!「いま ここにある風景」 ドキュメンタリー映画が好きで、それなりに耐性はあるはずなんだが、この映画は眠かった。挑戦されているのかと思い、がんばったが瞬間的に意識がなくなる時があった。 エドワード・バーティンスキーという写真家は、鉱山開発などの産業よって変貌を余儀なくされた風景を取り続けている。この映画は、彼の中国の産業風景をテーマにした写真集「Manufactured Landscape CHINA...